戸郷が語るだけ

思ったことをひたすら文章化して語ってく

魔女の旅々16巻レビュー

 魔女の旅々16巻を読んだのでレビューでもしようかなと。

 ちょっと前に好きなエピソードランキングを挙げたので、そこに食い込めそうなエピソードにはランクを振り分けました。

togotalk.hateblo.jp

 

 S→10位以内、A→20位以内、B→30位以内、C→50位以内といった具合ですね。

 ではいってみましょう。

 ここからは当然ネタバレを含みます。
 ネタバレと言っても中途半端にしてくるタイプなので、読んでない方は見ない方がいいと思いますよ。

 

 

第一章 『夢追い弓手アシュリー』

 この話を読み終わった時の素直な感想として思い浮かんだ言葉は「お手本」。
 捻りすぎず、かといって退屈過ぎない物語。悪く言えば「よくある」って感じだが個人的にはいい意味で「お手本」と表現したい。

 流れとしては王道。そこに魔女の旅々らしさがスパイスとして加わっていて非常に読みやすい。
 自分はそっちには興味がないが物語を書こうとしている人にはいいお手本となる話だったと思う。

 口絵採用されたキャラをしょっぱなにぶち込んでくるの珍しいね。
 宣伝でアシュリーは何度か見たからてっきりラストを飾る物語になると思ってた。

 

第二章 『旅の殺人鬼』 ランク:C

 好き。
 かなり短めの話だが、綺麗に展開され綺麗にまとまっている。
 第一章同様にこの手の話のお手本となれるような展開ではないだろうか。

 勧善懲悪にならないという後味の悪さもよいね。
 自分が物語を書くなら絶対あの後にサヤあたりと対峙させて殺人鬼をシバかせる。(台無し)

 

第三章 『傘とほうきと雨の話』 ランク:B

 最初は「傘をパクられたあの日を思い出すので★1です」と思っていたが途中からはそれを忘れさせてくれる面白さだった。

 出てくるたびに見た目だけでなく中身もほんの少しずつ生意気なイレイナに近づいていくほうきさん。
 そしてそこから繰り出されるわけわかんねー話。
 ただそっからいいお話になり、最後はちゃんと落とす。完成されすぎだ。
 第一章がお手本だとすれば、こちらは応用といったところだろうか。
 実は「どうせギャグ全振りで最後になーんかよさげにまとめるんでしょ。それ病とほうきの話で見た」と思いそこまで期待してなかったが本当に面白かった。

 

第四章 『勝てない少女の奮闘記』 ランク:B

 ひ ど い
 なんだこれは、たまげたなぁ。(ため息)

 ここまではお手本だの何だの言ってきたが、この話は魔女旅のお手本と言えるような話である。
 『天才』と書いて『やべーやつ』と読む連中が登場し、やべーことやってやべーことになるお話。
 たまにくるダークな話も好きだが、基本はこういうのでいいんだよ。

 恐らく個人的な好き嫌いで行けば16巻ベストエピソードだと思う。
 というか、ほうきさん好きとかそう言う人を抜いたら大体の人がこの話を一番に挙げるような気はするけど。

 挿絵すごくすこ。

 

第五章 『多様性の国』

 読む前に題だけで「あっこれサヤやアムネシアとかが主軸じゃなければロクでもない話だ」と判断。
 はてさて内容はある程度想像通りの流れでした。

 魔女旅でこの題ならオチとしてはこうなるとは読めていたので、後はそこまでの道のりをどう調理してくるかというのを見てみました。
 多様性を本当の意味で受け入れるというのは人間の構造的に無理なんかじゃないと思います。

 ちなみに筋肉区画にあった言葉に

 

 「そもそもこの区画の人間は自分の筋肉以外に興味がない」
 引用元:魔女の旅々 16

 

 とありましたが、これふざけているようでけっこう大事なことだと思うんですよね。
 周りをむやみやたら攻撃する人は周りに興味を持ちすぎだと思っています。

 とにかくこのエピソードで学べることはこれでしょう。
 筋肉はいいぞ。

 

第六章 『灰の魔女の減量計画』

 僕この話知ってる。
 まあ内容はほとんど聞いたことあるので感想という感想は特にないですね。

 とりあえず、サヤってやっぱアレだわ。神だわ。

 

第七章 『宵闇のヘルベ』 / 第八章 『三日月の魔女クラリス』 評価:A

 こんな話を最後に持ってこないでいただけますかね。(憤慨)

 ただ、内容は非常に濃かった。個人的には魔女旅屈指の濃さがあると思う。
 確かに転生者ってそういう見方すればそうなんだよなって感じがする。
 特にクラリスの場合は純粋な転生というよりはどちらかと言えば「横槍」という感じだし。
 どのみち「本来あるべきもの」の席を奪っているわけだからなぁ。

 

 自分は転生ものとか見ないから詳しくはないけど
 「死ぬ→転生先の親の精子になる→生まれ変わる」
 という順だと思ってたんだけど、そのへんどうなんですかね。

 とりあえず転生か。なろうっぽいしそろそろ異世界転生者でもくるのだろうか。
 なんて呑気なことを考えていたけど後味が悪すぎる。
 個人的にはこれまでの魔女旅のダークな話は嫌いではなかったけどこれは嫌いなんだよ。
 個人的な感じだけど、この話は何か受け付けない。
 ただ、ダメってわけじゃなくて嫌いなんだよね。
 巻ラストを飾るに相応しい濃さではあったけど、こういうのじゃないんだよ。(激熱展開大好きおじさん並感)

 ただそれでもこの内容の濃さは評価せざるを得ないとのことで評価Aに。

 やっぱこの話が最後なのは精神的にきついっす。。。
 これで次の新規の話が読めるの7月でしょ? はぁ。。。

 

総評

 久しぶりに魔女旅の新要素を取り込めた気がする。
 個人的にはバランスの取れた配置かと。

 ボリュームのある話が三つあり、それぞれ「オーソドックス」「バカ」「ダーク」と方向性が特化していたのも〇

 神。とまではいかないがバラエティの豊かさではこれまでのどの巻よりも優れていたのではないだろうかと思う。
 次の巻にも期待。

【駄文】高級キーボードを買ったって話

 今まで4千円の安すぎるわけではないけど安めのキーボードを使っていた。

 それを2万円するいわゆる高級キーボードに変えた。

 東プレさんのリアルフォースってやつ。

 

 買い替えた結果あまりにもタイピングをしていて気持ちがいいものだから記事を書きたくなって今この文章を書いている。

 今までは薄いキーボードで「ぺちぺち」という可愛らしい音を鳴らしながらタイピングをしていたがそれが今は「パチパチ」というそれはそれは気持ちのいい音を鳴らしながらタイプをしている。

 ちなみに静音仕様だからうるさくはない。ほどよい打鍵感がある。これくらいでいいんだよ。

 

 ただ現時点では慣れの問題もあって扱いきれていない。

 あまりその辺の用語は詳しくないのだが、元々はパンタグラフ式という薄いキーボードが今はけっこうしっかりしたキーボードにしたのでとにかくキーが深い。

 だからちょっと慣れなさがある。「寿司打」でスコアを確認したが平均タイプ数が落ちミスタイプ率が上がっていたから慣れるまではまあそのへんはって感じがするけど。

 矢印キーの位置とか今までのと違って離れた位置にあるからちょっと間違って変なキー推しちゃうとかはあるけど、1週間もあれば慣れるはずだ。

 まあ、今の時点でお得にはなれるしランキングも半分より上はいけるし一般使用で困ることはまずないだろうけど。

 

 この記事も本当に何も考えずただ文章が書きたいという理由で構成も何も考えず思ったことをそのまま打っている。

 「高級キーボードとか普通のと変わらんでしょ。ただの自己満足じゃない?」とお思いの方もいるだろうが本当によい。2万したけど価値はあるかなといった感じ。

 確かに普通のキーボードでもいいんだけどこの気持ちよさはぜひ体験してほしい。

 PCを使っていて、それなりにタイピングをする機会がある(もしくは作る予定)の人はぜひ買ってみてほしい。

 タイピングするためにキーボードに向かいたいと思ったのは、タッチタイピングが初めてできるようになって謎の万能感に包まれたあの日以来だ。

 

 記事執筆、最近ガチでサボってた(飽きたわけではないんです)けどこれで少しは気分も乗るようになった……のかな????

 

 

 そんな感じで高級キーボードに買い替えたら凄くよかったという駄文でした。

【やっぱりリカが】ワンダーエッグ・プライオリティ7話感想【ナンバーワン!】

こんにちは とごー です。

 

今回見たのはアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」の第7話です!
概要が一切ないので、アニメを見てること前提で感想だけ話していきますの。
見ていない人には「こいつ何言ってるの?」状態になります。そのため、ブラウザバック推奨。

 

六話は下記記事

togotalk.hateblo.jp

 

 

感想

一言まとめ

「リカ回だあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!いえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

OP前

 リカ回を察したのでガチモード入りました。

 とはいえ、やっぱ主要キャラ4人の中では一番最初に来ちゃうってのはなんだか寂しげ。(とはいえ、アイはもちろんねいるは謎残してるし桃枝は先生関係あるし後回しになるわよねって感じはするけど)

 

アイとリカ

  最初中悪かった2人が共闘が熱いといったけどその後にこう2人だけ信頼し合えるみたいなのほんと熱くていい。好き。

 

悩み

 やっぱ悩みが見えるのは人間味が出て凄くいいですね。

 リカは親のこと、ねいるは共感性が極端に低いこととか、そういうのがきっちり見えてどう乗り越えるか、受け入れるかみたいな展開は凄くいいですよね。

 

宗教の先生

 自殺が元だからしゃーないけど毎回毎回えぐい背景持ったボスを突っ込んできますね。

 いじめや体罰で始まってけっこうネタが尽きないものだなぁと感心する。

 ただ、まだネタがあるのだろうか。次はどんなネタが突っ込まれるのだろうかと考えるのも楽しみ。

 余談だけど自殺の原因となるとアイやねいるあたりはボスとして出現する可能性ありそうなんだよな。

 

 さて、心が弱った人間は変な宗教に飲み込まれるというけどまさかリカちゃんもあっさり(というのは申し訳ないけど)飲み込む宗教の先生。

 ただねいる含め主要キャラ3人が全員自分を置いといてリカを心配してるのほんとよき。

 そしてその3人が直接なトリガーとなってあっさりリカが復帰しないのもいいね。

 

 でも最後はちゃんとあっさり決め台詞と共に倒してくれる。こういうのでいいんだよ。

 

ねいるとリカ

 もともとどう考えても相性最悪の2人だけど、特に性格が変わることもなくお互いを認め合ってる感じがして凄くよいです。

 下手にねいるが「私が間違ってたぁあああああああああああああ」とかやりだしても困るし、こういうのでいいんだよって感じが凄くします。

 

ラスト

 自分が最近見たアニメの中ではトップに君臨するであろう凄くあっさりしたラスト。

 普通はあそこから父に出会ったりするものだけど、母の「そう」の一言で終わり。

 なんとことないやり取りだけどリカと母の間ががこの7話を通してほんの一歩だけ前進したのかもしれないと思わせるのはとても粋だと思う。

 ただ、あの空気からのこのEDはちょっと明るすぎやしないかと思うけどそればっかりはしょうがないか。

 

まとめ

  んほぉ~このリカ回たまんねぇ~。 

  次回に期待。(7週連続7回目)

 

 そう言えば凄く今更なんだけど序盤で「おっ1話の回想か?」って思ったら円盤のCMだったでござるってなった人って自分以外いますか?

 

 

1話感想

togotalk.hateblo.jp

 

前記事

togotalk.hateblo.jp

 

【ここで】ワンダーエッグ・プライオリティ6話感想【真ん中】

こんにちは とごー です。

 

今回見たのはアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」の第6話です!
概要が一切ないので、アニメを見てること前提で感想だけ話していきますの。
見ていない人には「こいつ何言ってるの?」状態になります。そのため、ブラウザバック推奨。

 

五話は下記記事

 

togotalk.hateblo.jp

 

感想

一言まとめ

「雰囲気変わったな(2週連続2回目)」

 

OP前のタイトル回収

 ちょうどど真ん中の回となる6話冒頭で唐突なタイトル回収。

 個人的には作中のセリフでタイトル回収は好きなのでいいですが、あまりに唐突ですね。(前回なんかありましたっけ)

 ただアンチ化というザコ敵がボス級になる覚醒って展開はちょっと好き。

 

強化キャラ登場

  中盤で新しい強化アイテム付与はとてもいいね。

 嫉妬が飯の種って煽り上手かな?

 各エッグキャラからの武器回収だけだと一辺倒だし、ここらでこういう形のテコ入れは良いと思います。

 

ボス戦

 見えないと敵と見えないアイの感情的なのがかかっていたのだろうか?

 わりとあっさり倒されたが終盤の大ボスとして表れてもいいスペックだっただけに少し残念。

 

先生の話

 なるほど。そうきたか。

 先生とお母さんについても、先生とアイについてもそう来るかという感じです。

 なくはない程度に思ってはいたけど、二つ同時に来るか……まあでも冷静に考えたらこの二つは同時に来るかぁ……といったところ。

 

 あと、これはさすがに先生いい人説濃厚になってきた?

 先生は「恐らくは嫌(不気味)な奴」→「かなり高い確率で嫌な奴」と描画されてきた。

 普通にここまで嫌な奴で描いてマジで嫌な奴ってありえるのだろうか。

 ここで「もしかしていい人?」と思わせて本当に嫌な奴ってもう一転してくる可能性もなくはないけど、どう転んでも(先生関係の話が)いい方向に転びそうには見えないな……

 

ターニングポイント

 何を思ったのかアイが学校に通うことを決意。

 次回を見ないとよくわからない感じか、素直にアンチたちに立ち向かう勇気が出たということか。まあ、次回を見ないとそれの判断もつかないだろうから期待しよう。

 

アイ以外の主要キャラ

 今日の話ではみんなとにかく可愛い。以上です。

 ※アイは可愛くないという意味ではない。

 

まとめ

  突然だけど時系列シャッフルされると感想書きにくいな~。

 そう言えば、レオンは嫉妬や底意地の悪さが飯の種ねぇ……

 嫉妬ねぇ。これが杞憂ならいいけど。

 

  次回に期待。(6週連続6回目)

 

 

1話感想

togotalk.hateblo.jp

 

前記事

togotalk.hateblo.jp

 

次記事

togotalk.hateblo.jp

 

 

【ネコ】ワンダーエッグ・プライオリティ5話感想【大丈夫だよな?】

こんにちは とごー です。

 

今回見たのはアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」の第5話です!
概要が一切ないので、アニメを見てること前提で感想だけ話していきますの。
見ていない人には「こいつ何言ってるの?」状態になります。そのため、ブラウザバック推奨。

 

四話は下記記事

togotalk.hateblo.jp

 

感想

一言まとめ

「雰囲気変わったな」

 

 序盤バトルいつもド派手ですね。

 ねいるさんの実力は想像通り主要メンバーでぶち抜けてる。まあ、経験がダンチっぽいしそんなもんか。

 いやークールクール。

 

 それなのにOP明けのねいるさんかわよ。って感じで4人が主人公の家に集結。

 リカはこういうことすっげぇ言いそうだなぁという先生の話になる。ネコ引き取ってるってあっち系の話ですかね。嫌な予感しますけど。ネコに手出しは許されませんから。

 ただここまで先生の話を露骨にするとミスリードの可能性もなくはない。先生ウルトラ善人説を心の奥の奥で期待しつつもやっぱこいつアレだよなという気持ちがデカい。

 そんなこんなで4人の平和な世界が続いてほしいと思ってみてたら急に汚いちび〇ちゃんとの戦闘シーン。そこの笑い声を繋げて戦闘にいかないでほしかったです。。。

 

 ただ、すぐにちび〇ちゃんの話から4人の場面に切り替わる。時系列シャッフルってやつですか。

 そしてそのタイミングでゲーセンは楽しそうだなーと思ったけどその後に雰囲気が一転。リカの言ってることは一理ある。

 そもそも死んだ人を生き返らせるって理に反していることではあるのだし、自分たちがいじめてとかならともかくそうでないのに責任を負う必要はないし、変に生き返らされる方もかえって迷惑だろう。(ケースバイケースだけど)

 

 そしてねいるさんの過去(というか妹との話)が明かされる。最初はねいるがやらかしたのかと思ってたけど『現時点では』ねいるが思いっきり被害者の話だった。

 そして汚いちび〇 ちゃんとの戦闘シーンが再開。特にそこまで苦労することなく撃破。変な引き延ばしをしないあたりねいるの覚悟的なものが伝わるシーンでした。

 これが主人公の戦いやクヨクヨ系ヒロインとかだったら変に迷って次回に続いていきそうだけど。

 

 最後はなんやかんやエッグを買いに来る4人を見て「なんやかんや」と思いました。

 謎多きエッグの管理人(なのかは知らんけど)の二人はこれまであんま触れられなかっただけに不気味ですね。先生にばっかヘイトが溜まるような構成になっているだけにこいつらが隠されてる雰囲気もあります。

 

まとめ

 

 前回までが序盤って感じであれば、今回は一転してきた感じですね。

 ここから物語はどうとでも転がっていけると思うので、期待したい。

 

 個人的には主要メンバー4人がどれも好きになれそうな性格をしているのがよかった。

 4人もいれば一人くらいは苦手な奴が紛れ込むものだからね。まあ、その苦手な奴も含めて楽しめるけど全員好きってのはなかなか珍しい。(特にねいるやリカポジションの性格って難しいし)

  次回に期待。(5週連続5回目)

 

 

 

1話感想

togotalk.hateblo.jp

 

前記事

togotalk.hateblo.jp

 

次記事

 

togotalk.hateblo.jp

 

 

 

 

【ここから】ワンダーエッグ・プライオリティ4話感想【不安】

こんにちは とごー です。

 

今回見たのはアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」の第4話です!
概要が一切ないので、アニメを見てること前提で感想だけ話していきますの。
見ていない人には「こいつ何言ってるの?」状態になります。そのため、ブラウザバック推奨。

 

三話は下記記事

togotalk.hateblo.jp

 

感想

一言まとめ

「序盤の終わりって雰囲気が大変よい」

 

 最初「あれ?一話分見逃した?」と思った。

 そしてOP前最後の会話「ん?肩幅?」となりました。(ドラゴンズファン並感)

 意味がわからない人は「与田 肩幅」で検索してください。

 

 OP明けは俺の知ってる話が戻ってきてくれた。

 同時に二つの戦いが繰り広げられるのは好き。助けられる側の機転で窮地を逆転というのも熱くてよい。

 そして、片方はトドメをうてていなかったというのもよき。そしてリカちゃんやっぱ好き。

 仲悪かった二人が共闘した後はお約束のハイタッチだよね。熱くていいよ。(激熱大好きおじさん)

 

 そしてアイとねいるのこっちの世界の話。

 ねいるの口数少ないけど素直な所ほんと好き。

 あとやっぱリカとえぐいほど相性悪いのほんと好き。その後二人で歩いてたし相性は悪そうだけど仲まで悪くなさそうな距離感はベリーグッド。

 

 そして桃恵とアイちゃんの

 アイちゃんまた女を落としてる……

 そして主要キャラ4人が集まる。こういう展開良いよね。

 

 最後にちょっと不穏になったし、ここまで明るい感じになったら次が怖いぞ!そろそろメインキャラの集合終わったし中盤に入るし鬱展開くるやろ。怖い怖い。

 絶対先生と桃恵、小糸あたりで嫌な話来る。絶対来る。ここまでやっといて来なければある意味凄いよ。

 

 

まとめ

 今日は概ね予想通りというか、序盤だしこんなもんよねという流れだったので特に感想を書くことがない。次回以降への期待感と不安感はどちらもでかくなったけど。

 

 ただ、あのボス撃破でリカ復活かと思ったけどボスが倒し切れておらずリカが復活して最後も共闘で終わらせたのはよい。特に鍵みたいなものもなく時間経過で復活ってのはご都合っぽいけど自分はこれの方が好き。細かいご都合主義より、大きな激熱展開を求めるのが私の脳みそです。

 

 

 今更だけどエンディング凄く好き。

 あと、次回予告の「続く!」って最終回どうなるんだろ。そもそも次回予告自体ないけど、最後は4人で「終わり!」とでも言うのだろうか。

 

1話感想

togotalk.hateblo.jp

 

前記事

togotalk.hateblo.jp

 

次記事

togotalk.hateblo.jp

 

 

 

【pv数】ブログ1か月目振り返り【こんなもん】

f:id:tototototodrgnz:20210112181220j:plain

 こんにちは とごー です。

 ここ1週間ネタがないことと他に新しいことを始めようかと悩んでいてその調べごとをしていてブログ更新をサボっていました。

 まあ、収益化もしてないし好きな時に好きなだけ更新するというのが一番なのかなと思っています。

 

 今日はブログ開設1か月ということでこの1か月を振り返ってみます。

 前回の1週間振り返りはマジで需要がなくほぼほぼ見られませんでしたが、冷静に考えれば自分も大したことないブロガーの1週間1か月の振り返りとか興味ないのでそんなもんでしょう。

 

togotalk.hateblo.jp

 

 最初に結論を言うと、「たくさんのアクセスありがとうございます」といった感じです。本当にありがとうございました。これからもこのブログをよろしくお願いします。

 

 

pv数

f:id:tototototodrgnz:20210206073634p:plain

 

 上記がこの1か月のpv数だ。

 ありがたいことに昨日までの合計で600pvを超え、1日平均約20pvと思っていたよりかなりいい数字だ。

 ここには自分のアクセスも含まれているが、それを踏まえてもかなり伸びたと思う。

 (初日のアクセスは8割自分だけど、それ以外はそんなにアクセスしていない)

 

 記事更新をさぼりまくった今週も60pvを超え、グラフをご覧の通りpv0をいう日は1日もなかった。これは本当にありがたく、自分のモチベーションになっている。

 一桁pvという日も7日であり全体のおおよそ3/4は2桁のpvを頂けたことも嬉しい限り。

 更新記事は19(内需要が全くない記事3)という中でこれだけのアクセスを頂けるとは本当に思っていなかった。

 ブログ執筆をしていない人から見れば「いやたったの20て」と思うかもしれないが、自分は本当に1か月後に2桁pvの日がちらほらでてくるくらいのイメージでいたのでありがたい。

 

 また、アクセス元としても、検索エンジンからが1割ほどと思っていたよりも増えている。

 今はTwitterから魔女旅、ワンエグ関連の記事の伸びが大きいが、今後は検索エンジンからの流入を増やしたい。

 

失敗

 個人的に「失敗だな」と思うことは、Helckの記事だ。

 

togotalk.hateblo.jp

 

 一応この記事も検索エンジンから閲覧してくださった方がいるのだがいまいち伸びない。

 それも簡単で、「Helck」という単語を知らなければこんな記事ヒットしないからである。

 やはり一般的に広めたい。そのために検索にヒットさせたいのであれば「いい漫画」「最高の漫画」ということを前面に押し出すべきだった。

 ※今こそ【漫画の最高傑作】とタイトルに入っているが、当初はなかった。

 

 こういうこともあり、そのうち「おすすめ漫画10選」的な記事はどこかで書こうかなと考えている。

 こういうのであれば、興味を持ってくれる人も多いだろう。

 ただし、興味を持ってくれたところで内容がクソ記事では意味がない。もっと魅力を引き出せるような文章というのは考えていかなくてはいけないだろう。

 

まとめ

 1週間まとめと比べたら幾分さっぱりした内容になった。まあ、需要ない記事だしそこまで真面目に書く気力がわかないというのはある。

 最近ブログ更新をしていないこともあり、「お前やる気無くなってるだろ」と思われるかもしれないが、そんあことない。そんなことはない。

 確かに、色付けしたり罫線引いたりのやる気はなくなった。そもそもどう使えばいいのかわからない。自分のセンスの無さが嘆かわしい。

 

 これを発表するときが来るのかはわからないが、他のことをやりだした。そっちに時間がとられているのもあり、ブログ更新の頻度は極端に落ちるだろうけど別にやる気がなくなったということはない。

 むしろ、想像以上に見られているということにモチベーションが上がっている。ただ、他にやりたいことがあるのとネタがない。

 結局裏世界ピクニックも4話の途中で「なんかいいかな」となり、もう俺に残っている弾はワンエグしかない。

 ドラゴンズのまとめでもしようか。……うまくやれる自信ないけど……